2008年08月19日

衝動買い

単に情報仕入れて無かっただけとも言う。

でもSRSの新作で文庫ですもの、見たら買うに決まってるじゃないですか!

pori

以下感想とか
  

根幹のシステムはSRSなので省略
独自システムも絆効果なのでKSR(風の聖痕RPG)互換ですな。
まぁこの辺はアルシャードのブレイクシステムの代用としては妥当なところでしょう。

まだざーっと眺めただけですが、上記を除くと注目する点は恐らく2つ。

1つは基本クラスが2つしか存在しないこと。
基本クラスによって取れるスキルが限定されすぎないことを原作者が望んだらしく、神曲楽士か精霊かの2つに絞られたみたいです。
そのかわりそれぞれのクラス内で能力値の方向性を決められるようになっていて、キャラ作成の幅を狭めないように考慮されてますね。
ちなみに他はスタイルクラスということで、普通のクラス選択でした。


もう一つはFS(フォーカスシステム)という新システム。
主にカーチェイスのような追いかけっこを演出するためのシステムみたいですね。
通常はお互いの達成値を求めてハイお終い、となるところを、達成値を積み重ねて初めて結果が出るようにしてあります。
今まではGM判断でルールを考えなければいけなかった状況を、一つのシステムとして提示したようです。
まぁシステム的には少しGMに慣れていれば思いつきそうなぐらい簡単ですが、それを敢えてシステムとして独立させたのは個人的には評価したいですね。
システムとして存在するとシナリオのネタとしていいヒントになりますし、他の作品でも簡単に使いまわせるのでGM初心者は知っておいて損は無いと思います。


とりあえず今はそんなところでしょうか?
個人的には世界観、クラス、システム、いずれもKSRより気に入ったので一度やってみたいですねー。
ただ原作1冊しか読んだこと無いのでちと世界観理解が不安ですがw
どなたか原作持ってたら貸してくだしあ><
posted by 白くま at 00:00| 三重 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これって昔アニメでやってたようなーw
途中の1話だけだったので、意味不明でしたがw
Posted by レオ at 2008年08月19日 02:11
>レオさん
ええ、アニメ化もされてたみたいですね。
しかし原作はキネティックノベルでかつシェアード・ワールド展開をしているので結構ややこしいことに…。
でもまぁ、多分小節、特に榊一郎さん執筆のを2、3冊読めば大体分かりそうな感じではあります。
Posted by 白くま at 2008年08月19日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。